人材不足が続いている現状

看護師という仕事は人の健康の為に尽くすとても誇らしい仕事です。ですがその仕事は想像以上に過酷な仕事になるので、長く続ける人は少ない傾向にあります。この仕事は大多数が女性であることから、世間では数少ない女性社会が築かれています。

その女性社会は、世の社会の傾向とは少しばかり違っています。女性独特の空気のある職場なので人間関係も難しい場合が多いのです。ある程度男性もいるような職場ならまだいいのですが、完全に女性の看護師だけの職場の場合は色々と面倒なところも出てきます。そうした理由から女性特有の人間関係に嫌気がさして辞めたいと思う人が後を絶ちません。ただでさえ過酷な職場なのに、それに加えて人間関係でも悩むとなると相当なやりがいを感じていない限り皆「辞めたい」と思うのは当然でしょう。それは普通の心理です。そして実際に辞める人が多い現状なので、今の世の中で医療の現場は常に人手不足に陥る結果になっています。

看護師だけではなく医療関係の人は全体的に少ないと言われています。医療系の資格を取るだけでもとても難しく、お金も相当かかるのでなかなか簡単になれる職業ではありません。そんな中、やっとの思いで医療関係の仕事に就けたのに仕事の過酷さで辞めてしまう人が多いため、結果的に人材不足となり、それ以前に目指す人も少なくなるという現象も起こっています。このような状態から脱する為には何が必要なのでしょうか。それは、職場の理解や、サポートをする体勢を取ることです。人の健康の為に尽くす仕事をする人はどうしても自分を後回しにしがちになります。医療従事者自らが、自分の身体を大切にできる時間を作れる体制が出来上がれば、みんなが快適な環境で長く働くことができるようになるでしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です